Webデザイナーが独立するには?

独立する人は多くいる

Webデザイナーは、自立、独立のしやすさでいえば上位に入る職業だといえるでしょう。

現に社員として働いている人よりも、どこかの企業に専属デザイナーとして独立しる人、あるいは完全にフリーで活動しているデザイナーは非常に多くいます。

また、学校を出てすぐに自分で起業し、そのまま成長を遂げていくデザイナーや経営者もこの世界に多くいます。

業界の風潮としても、独立や起業におおらかな風潮もあるため、最終的にフリーになることを目標にしてこの職業を目指す人は決して少なくありません。

なぜ、独立しやすいのか?

Webデザインの仕事では、小売店の経営とは違って店舗や在庫がいりませんし、製造業のように原材料費がかかるわけではありません。

独立して最小人数で稼動させれば、収益性も利益率もあげやすい特性があります。かかるのはほぼ人件費となり、事務所があるのであればその家賃や光熱費ぐらいです。

すでにWebデザイナーとして企業で活動されている人、あるいはこれから仕事を始める人も、成功するかどうかは別にして、思い立ったらすぐに独立することも可能です。

とくに唯一無二のデザイン力を持つ人であれば、独立することによって仕事の幅が大きく広がる可能性があります。

本当に独立すべきかをよく考える

ただし、独立して働いている人が多いということは、それだけライバルも多いということです。

これはWebデザイナーに限らずいえることですが、独立するとすべて自分の責任になります。

フリーランスとして一人でやる場合は「自分が食べていければいい」と思うかもしれませんが、そこにたどり着くまでも、なかなか大変なことです。

独立するということは、自分で仕事をとり・その仕事をこなし・お金のやりくりもするという意味を含んでいます。

一緒に仕事をするパートナーがいれば、その方の生活の保証もしていかなくてはなりません。つまり「仕事を獲る」といった営業の部分に大きなウエイトがかかってきます。

この部分は非常に大切で、どんなにデザイン力や技術力があっても、それを使ってくれる・もしくは買ってくれる企業やお客さまがいなければ仕事となりません。

あなたの会社の技術力をプレゼンテーションし、売り込む力も独立するときには必要となります。「誰にも邪魔されず好きなものをただ作りたい」という理由だけでは、食べていくのすら難しい現状があります。

「ものを創る」ということだけに没頭したいのであれば、逆に独立せずに、雇われデザイナーであるほうが「ものづくり」には集中できることは間違いありません。

自由な社風の会社であればそのような「自分の創りたいもの」をいつか発表できる機会にも恵まれることでしょう。

そしてあなただけの才能が一般に広く認められたとき、あらためて独立を考えてみるのもよいかもしれません。

仕事体験談