アルバイトのWebデザイナー

アルバイトで働くことも可能

Webデザイナーの雇用形態はさまざまであり、アルバイトもそのひとつとなります。

なお、アルバイトといっても、本当に未経験で一から修業しようとしている人もいれば、すでにスキルや経験は持っていながら、あえてこの働き方を選ぶ人もいます。

アルバイトの場合、正社員に比べると時間の融通が利きやすく、掛け持ちもできることから、他の仕事とWebデザイナーを両立させている人もいます。

また、企業によっては、最初は全員アルバイトのWebデザイナーとして採用され、一定以上の期間働いたり、実力が認められたリすることで、契約社員や正社員へとステップアップできる仕組みになっているところもあります。

どれくらいのスキルが求められる?

アルバイトのWebデザイナーを募集している企業は、意外にもたくさんあります。

ただし、どの程度のスキルレベルが求められるかは企業によって異なり、まったく専門知識がなくても、熱意さえあれば採用されることもあります。

とくにWeb業界は変化が激しく、柔軟な思考や感性が求められることなどからも、凝り固まった経験者よりも、のびしろがたっぷりある未経験者を採用したいと考える企業はたくさんあります。

とはいえ、スキルアップして一人前になるにはある程度の時間がかかることを考えると、若い人のほうが優先的に採用されやすいのは確かなようです。

また、スムーズに現場に入ることを考えれば、HTMLやCSS程度の基本的な知識については多少なりとも勉強しておいたほうがよいかもしれません。

関連書籍はたくさん出ているため、独学でもある程度の知識を蓄えることは可能です。

また、アルバイトの場合は給料も時給制で、正社員に比べると、そこまで高い収入が得られることはあまり多くありません。

そうした点も含めて、アルバイトのWebデザイナーになるのかを考えていったほうがよいでしょう。

仕事体験談