WebディレクターとWebプロデューサーの違い

それぞれの立ち位置とは?

WebディレクターのほかにWebプロデューサーの大きな違いはその立ち位置です。

現場を取り仕切るのがWebディレクターであるのに対し、プロジェクト全体を取り仕切るのがWebプロデューサーです。

Webプロデューサーの仕事は、営業やクライアントとの交渉から全体の方向性を決定して予算を策定し、Webディレクターおよび制作サイドへ指示を出します。

Webサイト完成後には全体をチェックしてプロジェクト完了に対する責任を持ちます。

Webプロデューサーが直接指示を出したり、確認の打ち合わせをするのは基本的にWebディレクターであることが多いです。

対してWebディレクターはWebプロデューサーの下で時に打ち合わせにも同行しながら、各担当のスケジュールを詳細まで作成、製作現場を取り仕切ります。

Webプロデューサーの方がより多くの経験を求められることから、Webディレクターとして何年か経験を積んだのち、Webプロデューサーへとスキルアップしていく人も多いようです。

Webプロデューサー不在の場合も多い

増え続ける仕事に対して、人手が足りないのがWeb業界です。

なかでもWebプロデューサーもWebディレクターも深刻な人材不足となっています。

そんな理由もあり、最近ではWebディレクターがWebプロデューサーの職務を兼任しているケースも多々あります。

元々、はっきりとした仕事の境界線はなく、仕事によってはWebディレクターもクライアントとの打ち合わせや予算組などを任されることも多くあります。

いわゆるテレビ番組の制作プロデューサーと、制作ディレクターほどには、仕事の境界線がはっきりしておらず、正直どう名乗るかの違いだけという場合もあります。

WebプロデューサーとWebディレクターの両方が存在するのは大きなプロジェクトのみ、それ以外は通常Webディレクターのみと思っていてもよいでしょう。

収入の違いは?

ではWebディレクターとWebプロデューサー、収入の違いはどうでしょうか?

やはり立場的に上となるWebプロデューサーの方が収入は若干高めです。

Webプロデューサーを名乗るにはWebディレクターとして何年か経験を積むことが一般的であるため、必然的に立場が上となりますし、給料も高くなります。

同じWeb企業であっても、新人のWebディレクターとWebプロデューサーでは年収で数百万円近く違うということもあるでしょう。