Webディレクターの現状と将来性

Webディレクターの仕事は今後も増加

Webディレクターの仕事量は右肩上がりです。

SNSの普及により、情報の入手方法は雑誌やテレビからインターネットがメインとなりつつあります。

雑誌や漫画などもインターネットでの購読が増え、紙媒体の発行部数が減少傾向にあります。

さらに自宅に居ながらにして便利に買い物ができるということで、洋服や日用品などもネット通販で購入する人が増えてきています。

そして、もちろんすべてのWebコンテンツやEC SHOPサイト制作時にはWebディレクターが必要です。

今後もインターネットの普及は加速し、Webは進化し、コンテンツもますます増加していきます。

必然的にWebディレクターの仕事は増え、需要も増えていくでしょう。

Webディレクターは慢性的な人材不足

求人広告を見てもWebディレクターを募集している会社は多くあり、Webディレクターは常に人手が不足している状況です。

仕事の増加に対して、それをさばける人の数が圧倒的に少なく、完全な売り手市場です。

求人をかけている企業を見ると、ほとんどの企業が3年以上のキャリア採用を希望しており、逆に未経験採用は少なめな傾向です。

どこの企業もすぐに仕事ができる即戦力が欲しいというほど、人手が足りていないというのが現状です。

Webディレクターの今後と課題

Webディレクターの仕事はこの先も増え続け、それに対して人材不足の状況が続いていくと考えられます。

デザイン性に優れ、ユーザビリティが優れたサイトを作るためには、Webディレクターが必要不可欠です。

経験者の取り合いが続く以上、企業側も新卒や未経験のWebディレクター採用をもっと増やしていくかもしれません。

また、Webデザイナーや、プログラマーからの転職という関連キャリアからの採用も増えていくことでしょう。