Webディレクターに必要な知識スキル

Web制作に関するすべての知識が必要

Webサイト制作に関するすべての作業を指揮、監督するのがWebディレクターの仕事です。

実際に制作を担当する現場のデザイナーやコーダーと打ち合わせをして、作業の依頼をかけ、スケジュールを管理しつつ、時にダメ出しをしたり相談を受けたりすることもあります。

当然、それぞれの作業の内容、手法などを把握していないと最適かつ細かな指示は出せません。

また、各担当者が不在の時の代わりの作業対応や、納品された後の簡単な修正が必要となることもあります。

そのためにも最低でもデザイン、コーディング、簡単なプログラミングやSEの知識はあったほうがいいでしょう。

さらに、オウンドメディアが活躍しつつある昨今では、ライティングや音楽、映像編集などの知識も求められつつあります。

すべての制作スケジュールをネット上で管理するツールなどの知識もあると便利です。

もともとデザイナーやコーダー出身の人が多いため、自分の専門分野の知識は持っていることがほとんどですが、Webディレクターとして活躍していくにはさらに広い知識が必要となっていくでしょう。

企画、提案、プレゼンスキル、アクセス解析の能力も重要

クライアントや営業からの依頼を受け、予算やスケジュールを見積もりし、要望に沿った企画をプレゼンするのがWebディレクターの仕事です。

とくにクライアントはWebサイトに関しては素人な場合がほとんどです。

予算や効果、的確な見せ方、Webサイトの今の主流、何が良くて何が悪いかなど、理解していないことも多くあります。

相手の要望を鵜呑みにして失敗しないためにも、Webディレクターはマーケターの意見や知識を取り入れつつ、いつサイトを立ち上げ、どこで広告や宣伝をかけるか、その枠取りをどうするかなどの提案もしていかなければなりません。

どんなデザインでどんな企画で見せていくのか、相手を納得させるプレゼン能力も必要となります。

一方で、既存のWebサイトのリニューアルなどの案件も入ってくるため、依頼サイトの問題点を洗い出せるよう「Google Anaytics」などの解析ツールの知識も重要といえます。

コミュニケーションスキル、物事を広い目で見れるディレクターほど活躍できる

多くの関連部署とのやり取りが発生するWebディレクターにとって、コミュニケーションスキルはある意味最重要項目ともいえます。

無理な要望、不適切な提案をするクライアントを上手に説得、誘導してまとめあげ、制作現場には作業を間違いなくスムーズに進めるためわかりやすく的確に指示します。

決して独裁で仕事を進めるのではなく、それぞれの意見に耳を傾け、最善の方向にまとめていくことが必要となります。

クライアントがどれだけ良いサイトを作れるか、制作現場がどれだけ余裕を持って良いものを作れるかはWebディレクターの腕にかかっているのです。