和裁士の通信講座

和裁士になるための学習方法に、通信教育講座を受講し、和裁技術を学ぶという方法があります。では、和裁士の通信教育とはいったいどのようなものなのでしょうか。

和裁士の通信教育の探し方

和裁士技術を学ぶための通信教育講座を設けているのは、一部の服飾専門学校に限られています。費用や期間、カリキュラムは講座によって違うため、自分の希望に合った講座を見つけるには、通信教育講座を開講している学校に問い合わせるのが一番確実でしょう。

和裁士の通信教育のカリキュラム例

では、具体的にはどのようなカリキュラムなのでしょうか。ある服飾専門学校の和裁を学ぶ通信教育講座の例で見てみましょう。

学習期間は12ヶ月で、6ヶ月以上の受講期間を経れば、カリキュラムを早期にこなして修了することもできます。配布されるテキストに沿って、課題をこなしていくスタイルです。

主な授業内容は以下の通りです。
・基礎縫い
・肌襦袢
・女物浴衣
・男物浴衣
・子供物浴衣
・清水式軽装帯
・袋名古屋帯の仕立方(かがり帯)
・女物単衣長襦袢(無双袖部分縫い)
・女物袷長着

こちらの通信教育講座の場合、課題作品はすべて実物を提出し、講師がチェックしてくれます。また、テキストだけでは分からない部分は、講師に質問できるシステムも用意されているとのことです。

テキストに沿ってひとりで作業を進める場合、正しいやり方なのか不安になることも多いでしょうから、講師とコミュニケーションがとれる通信教育講座は、安心感があると言えます。

通信教育で学ぶメリット

フルタイムの仕事をしている、小さな子供がいて家を空けられない、といった人には、自宅で好きな時間に学べる通信教育講座は便利な選択肢でしょう。また、受講開始時期が特に定められていないことが多く、思い立ったときすぐに始められるのも魅力のひとつです。

通信教育で学ぶデメリット

和裁技術を学んでいくうえで、実際に講師や他の生徒の実技を見られないというのは、大きなデメリットでしょう。また、スケジュール管理が得意ではない人、つい怠けてしまいがちな人にとっては、周囲からのプレッシャーや時間の制限がないことは、学習効率のうえでマイナスポイントとなりそうです。