和裁士への転職

和裁士という職業への転職は、どのような道を辿るのが一般的なのでしょうか。

まったく和裁の経験がないけれど、和裁士になりたいと考え、和裁士になった人はたくさんいます。高い技術が必要な職業のため、和裁についての勉強からスタートします。

専門学校で勉強をする

専門学校に入学して和裁士を目指す場合、主なのは4年間、または5年間のコースを専攻することです。先が長い話ですし、費用もかかりますが、一から丁寧に教えてもらえるという点ではいいでしょう。また、和裁技能士などの資格にチャレンジしやすくなるというメリットもあります。

専門学校卒業後は、和裁所に社員として入社する、もしくは在学中に得たコネクションや、講師の紹介などで、フリーランスとして独立する道があります。

和裁所に見習いとして入社する

未経験者を受け入れている和裁所に見習いとして入所する方法もあります。この場合、和裁所のシステムにもよりますが、見習いとして勉強をしながら、仕立てた和服が月々のお給料になる場合もあります。

見習い期間終了後、希望者は社員登用試験を受けて、合格すれば社員になれる和裁所が多いようです。もしくは、見習い終了後にフリーランスとして独立するという道もあります。

年齢制限は?

和裁士の勉強を始めるのに、特に年齢制限を設けていない専門学校や和裁所は数多くあります。そのため、強い意志と根気さえあれば、和裁士への転職はすべての人に門戸が開かれているのです。

ただ、座りっぱなしで長時間細かい作業をする職業のため、視力や集中力の面では年齢的な限界があるかもしれません。

持っていると有利なスキルや資格は?

未経験から始めるわけですから、元々和裁に関する資格を持っている人はいないと思います。しかし、和服が好きで着付けや和服のデザインの知識があれば、和裁士の勉強をする際にも大いに役立ってくるでしょう。