和菓子職人のやりがい

和菓子職人として一人前になる喜び

和菓子職人を目指す人は誰もが「和菓子を作る人」になるために和菓子店や和菓子メーカーに就職します。

しかし、現実に待っているのは「餡炊き3年、薪焚き5年」といわれる長い下積み生活。

入社当初は掃除や洗い物などの雑用から始まりますが、絶えず火を使っているため厨房の暑さとの戦いや、材料がたっぷり入った大鍋を扱うなどの力仕事に耐えかねて、退職してしまう人が後を絶ちません。

次第に材料の下処理を任せてもらえるようになりますが、餡だけでも10数種類作るという店もあるほど奥深い和菓子の世界では覚えることも多く、苦労の連続です。

そのような下積み期間にコツコツと日々の努力を積み上げて和菓子の知識や作り方の基礎を身に付け、なおかつその店ならではの菓子の作り方を習得した人だけが、初めて一人前の和菓子職人として認められるのです。

苦労が多かっただけに、やっとプロとしてお客さまに菓子を提供する立場になれた喜びは筆舌に尽くし難いものがあります。

お客さまの喜ぶ顔、感謝の声

サービス業に共通するのは、お客さまに喜んでもらうことが何よりの励み、やりがいになるということです。

中でも和菓子は店頭に並んでいるだけで目を引く美しさがあるため、お客さまの感嘆や喜びの顔を直接伺い知ることができます。

自分が丹精込めて作った和菓子に感動してくれる表情を見たり、感謝の言葉をもらったとき、本当にこの仕事に就いて良かったと感じることでしょう。

「和」の伝統を継承する一員に

和食文化や日本の芸術が世界的に評価されている昨今、その融合ともいえる和菓子にも注目が集まっています。

季節の変化を菓子という小さな世界に表現する、日本古来の伝統。和菓子職人はその文化を受け継ぎ、後世に伝える一翼を担っているのです。

長い歴史の目で、また世界的な目で見ても価値が高く、そこにやりがいを感じる人も多く見受けられます。

収入面での充実、安定

和菓子職人見習いの初任給は月に12、3万円からといわれ、なかなか厳しい状態です。

それがキャリアを積むにつれて徐々に上がり、一人前の和菓子職人になると月給25〜33万円とサラリーマン並みに。

独立開業して成功すれば、さらなる収入倍増も見込め、収入面での充実度は年々上がっていくでしょう。