和菓子職人のつらいこと、大変なこと、苦労

下積み期間が長い

和菓子職人を目指す人なら誰もが、和菓子独特の繊細な美しさや深い味わいの虜になり、「和菓子を作る人」になるために和菓子店に就職したいと考えることでしょう。

しかし、現実には入社したばかりの新人がいきなり和菓子の作り方を教えてもらえるわけではありません。

数年間は下積みとして、掃除や洗い物、配達などの雑用や、小豆を洗うなどの材料の下処理といった「和菓子作り」以外の仕事がメインになります。

この下積み期間は店によってさまざまです。「餡炊き3年、薪焚き5年」などといわれ、少なくとも8年は下積みに必要だと考えていいでしょう。

後輩が入社してくれば担当が替わるかもしれませんし、先輩が多くいればいつまでも雑用ばかりということも考えられます。

雑用も先輩和菓子職人の活躍を支える大切な仕事ですが、いつになったら自分自身が独り立ちできるか、先が見えない不安な状態が続きます。

仕事の内容は過酷

和菓子職人の朝は早く、午前3時から仕込みを始めるということも日常茶飯事。小豆や砂糖がドッサリ入った重たい鍋を扱ったり、大量の餡をこねるなど、力仕事もたくさんあります。

また、下積みを終えて和菓子職人として働くようになっても、一日中立ったままの作業が多いのが和菓子作りの特徴です。

作業台の高さが決まっているため、肩こりや腰痛などに悩まされ、猫背の習慣から姿勢が悪くなってしまう人も多く見られます。

加えて、和菓子は非常に奥深く、餡だけでも10数種類作るという店もあります。

微妙な色を出したり季節に合った新作を考えるなど、覚えることや習得することが無限に存在している、難しい仕事だといえるでしょう。

最初は給料が安い

職人の仕事はどの分野でもそうですが、下積み中は過酷な仕事内容のわりに給料は安いものです。店によってまちまちですが、最初は月給12、3万円からというところが多いでしょう。

熟練の和菓子職人になるまでは、余裕のある生活は望めないというのが現状です。