和菓子職人の資格

和菓子職人に資格は必要か

和菓子店や和菓子製造メーカーに職人として就職するためには、とくに資格は必要ありません。学歴も問われず、それよりもセンスや味覚が重視されます。

何より、その店や会社の伝統的な商品を昔からの味や見た目のまま再現すること、そしてその店や会社に合った新しい商品を開発することが重要です。

入社してからいかに独自の技術を習得できるかがすべてだといっても過言ではありません。

では、「製菓衛生師」「製菓製造技能士」といった菓子に関連する資格は何のために必要かというと、菓子作りの技術やでき上がった菓子の品質を証明するためになります。

将来的に自分の店を持つ目標のある人、店長や工場長として責任ある立場に就こうとする人にとっては、持っておいて損のない資格だといえるでしょう。

製菓衛生師

菓子には美味しさばかりでなく、食中毒などが起きないよう衛生面、安全面への配慮も求められます。安全で高品質な菓子を製造する力を証明できる国家資格が製菓衛生師です。

製菓衛生師の資格がなくても菓子店を営むことはできますが、菓子業界では一般的にこの資格を持っていないと一人前と認められないため、大半の菓子店の責任者が取得しています。

受験資格

・厚生労働省の指定する製菓学校などの養成施設で1年以上勉強し、技能などを修得したもの
・中学校、外国人学校中等部卒業者で、2年以上菓子に関する実務を経験したもの

試験科目

衛生法規、公衆衛生学、栄養学、食品学、食品衛生学、製菓理論および実技

製菓製造技能士

製菓製造技能士は、お菓子づくりの技術を証明できる厚生労働省の技能検定制度のひとつです。

一定の年数の実務経験が必要であり、洋菓子製造作業、和菓子製造作業それぞれ1級、2級があるため、菓子製造の仕事に就いて技術を磨いてから受験する検定になります。

自分の力を試す目標として、2級、1級とステップアップしていくとよいでしょう。

和菓子 実技作業試験内容

・1級:淡紅ぼかしじょうよまんじゅうの製造、練り切り製品(はさみ菊)の製造、羊かんの紋様埋め込み加工、扇形羊かんの包丁仕上げ

・2級:田舎まんじゅうの製造、練り切り製品(なでしこ)の製造、どら焼きの皮の製造