和菓子職人になるには

大きく分けると2つの流れ

和菓子職人になるには、どういう方法があるでしょうか?

最近では昔と違って中卒で親方に弟子入りということは珍しいですので、ここでは大きく2つの流れに分けて考えてみましょう。

就職するか専門学校へ行くか

まず、高校卒業後に和菓子店や和菓子メーカーに就職するか、和菓子店に弟子入りするという方法が挙げられます。

次に、和菓子の専門学校や製菓専門学校の和菓子コースを卒業後、同様に和菓子店や和菓子メーカーに就職するか和菓子店に弟子入りするという方法があります。

専門学校は高卒から受け入れてくれるところが大半ですが、中には中卒で入学できるところもありますので、自分の経済状況などを加味しながらいろいろ調べて選ぶとよいでしょう。

専門学校への進学の是非

専門学校を卒業したり、「製菓衛生士」や「菓子製造技能士」といった資格を取ったりすることによって就職に有利になる部分がある反面、「よけいな色がついていない」まっさらな若者の方を好むという就職先があることも事実です。

自分が働きたい店や会社が決まっているのなら、直接そこへ問い合わせてまず何をするべきか相談してみるのもいいでしょう。

熱意が伝われば、学歴を問わず採用してくれるところもあるはずです。

ただし、時間的・経済的に余裕があるのなら、まず専門学校で基礎を学びつつ、人脈をつくることも有効かもしれません。

専門学校で学べること

専門学校では和菓子に限らず製菓の基礎から身につけることができますし、同じ目標を持つクラスメイト同士の交流から学ぶものも多くあります。

また、教えてくれる先生によっても、細かい部分ではいろいろと違いがあるものです。

若いうちに学校で幅広いやり方を見ておくことも、後々役立つ可能性もあることでしょう。