占い師の役割

占い師には多様な役割がある

占い師の役割は相談者の抱える悩みを解決することです。

しかしながら近年は電話占いやネット占いの普及により、話し相手、愚痴聞き相手といった役割を求める人もおり、占い師には「占い」だけでなく「カウンセリング」や「話を聞くこと」が求められるようになっています。

相談者の求めるもの

相談者にとって「良い占い師」とは、人生の先輩、良きアドバイザーとして相談者の気持ちを肯定し、行動を後押ししてくれる存在です。

そのため占い師は、相談者の話を聞きながら、時に最善の策を占い、相談者の望む未来に近づくためにはどうすればいいのかをアドバイスします。

占い師は冷静さ、客観性が必要

占い師に必要なものは冷静な視点、客観的な価値観です。

占い師として、相談者の心を開き親しみを持ってもらうことは大切ですが、占い師自身が相談者に過度の肩入れをすることは望ましくないと言われています。

占い師も人間ですから、思い入れが強くなると判断力が鈍ることがあります。しかし、それでは正しい答えが導き出せません。

占い師には、常に中立的立場、冷静な判断力を崩さないことが求められます。

時には厳しいことも言う

占い師は相談者にとって耳障りの良いことばかりを言っていてはいけません。たとえ耳に痛い内容でも注意忠告がきっちりとできないと結果的に信用を失ってしまいます。

そのため、ときには相手にとって厳しいことでもはっきりと伝えることが必要となります。