占い師の現状と将来性

占い師の現状

書籍やインターネットなどで簡単に占いの情報を得ることができるようになったこともあり、最近はアマチュア〜プロまで数多くの占い師が存在しています。

とくにアマチュア〜セミプロといった位置付けの占い師は多く、中にはネットを使い、独自で占い鑑定を行っている人もいます。

占い師として生計を立てるには、事務所に所属するか個人事務所(個人サイト含む)を開業する形になります。

しかし、仕事を始めたからといってすぐに多くの相談者が来るのではありません。

基本的に収入は不安定で、安定的に活動するには実績を積み重ねて相談者の信頼を得る必要があります。

収入は時給制ではない

占い師の収入形態は時給制ではありません。請け負った金額の何割かが占い師本人の懐に入る形となります。

そのため、人気がある占い師ほど収入が多く、人気のない占い師はほとんど稼げないという状態になります。

占い師の将来性

人の悩みを聞く仕事として占い師の仕事は今後もなくなることはないでしょう。

しかし、占いサービスの多様化や占い師の人数増のため、一人ひとりが稼げる金額は以前よりも減っているといわれています。

また、相談があってはじめて成立する仕事のため、収入は不安定になりがちです。

そのため近年では、事務所に所属するだけでなく、個人サイトを立ち上げる占い師や普段はアルバイトや副業をする占い師、専業を別に持つ占い師など、事務所や占いの仕事だけに頼らない人が増えてきています。