占い師に向いている人、適性

カンの鋭い人

占い師になるために大切なものに「カンの鋭さ」があります。

これは霊感のことだけではありません。直感、インスピレーションなど、いわゆる第六感が鋭い人のほうが占いの的中率を高められます。

また、霊感の強い占い師は人気が高く相談者が付きやすい傾向があります。

常識のある人

一般的に占い師は、「特別な力を持つ人、不思議な存在」という印象を持たれがちですが、他人に道を示しアドバイスをする立場上、占い師に一番必要なものは常識です。

もし占い師が常識を持たずに占い結果だけに頼ってしまったら、現実的には実行不可能なアドバイスをしてしまうかもしれません。

そうならないためにも、占い師は占い結果を常識や現状と照らし合わせて判断し、その中でより良い解決策をはかることが必要といわれます。

人の話を聞くことが苦にならない人

占い師は人の悩みを聞く仕事です。

相談者のネガティブな相談にも親身になり、ときに根気よく話を聞かなければなりません。自分の思ったことを話すのではなく、相談者の話を聞いて気持ちを汲み取ることが大切なのです。

そのため、人の話を聞くことが苦にならない人のほうが向いています。

勉強熱心な人

占い師は常に向上心を持たなければなりません。占いの勉強はもちろんのこと、世間の流行、社会情勢、法律問題など、知っておかなければならないことはたくさんあります。

また、ときには相談者のためにいろいろな調べものをする必要も出てきます。常に新しい知識を仕入れる努力を怠らないことが、占い師にとっては何よりも大切なことです。

人生経験の豊富な人

人間は誰しも自分で苦労を経験しないと本当のつらさはわかりません。

これは占い師も同じで、たとえば恋愛占いの得意な占い師は恋愛経験が豊富な場合が多いですし、金銭面で苦労してきた占い師は金銭問題に関する占いに強いです。

経験が占い師の視点や感性に磨きをかけるのです。そのため、人生経験が豊富な人のほうが占い師に向いているといわれます。