占い師の資格

資格や免状は履修証明のようなもの

占い師としての活動に必要な資格はとくにありません。いくつかの教室や学校では卒業時に修了証書や免状を発行しますが、それがなければ仕事ができないということもなく、あくまでも履修証明程度の扱いです。

ただ、東洋系の占いに関しては、地域によっては古くから続く占い団体(流派)で勉強し、免状(免許皆伝の証書)を持っているかどうかで占い師として活動できたり、師範として人に教えることを許されたりする場合もあります。

とはいっても、基本的に占い師は実力で勝負する職業です。資格を持っていても実力不足だと思われれば、占い会社には採用されませんし顧客もつきません。

資格や免状は「この学校、流派でここまで勉強した」という証明にはなりますが、それ以上の効力はないのが現状です。

占い師になるときに役立つ資格

占い師として活動する際に占い以外で役立つ資格に、心理カウンセラー関係の資格、セラピスト関係の資格があります。

これらの資格は実際に相談者の悩みを聞く際に役立つほか、占い会社が相談者におすすめ占い師を紹介するときに、「カウンセリングが得意な占い師」と紹介してもらえる強みがあります。

実際、電話占いの場ではカウンセリングを必要とする相談者が多く、カウンセリングが得意な占い師は重宝されます。

また、他にも役立つ資格の1つとして、問題解決力を見出すコーチングの資格も取っておくのもよいといわれます。

資格以外にあると良いもの

資格以外に占い師をする上で有利となるのが人生経験です。

たとえば豊富な恋愛経験、人生経験を持つ占い師は、相談者へのアドバイスも豊富で評判が良い場合が多いです。

また、職業としては営業職や接客業を経験した人、秘書など他人を気遣う仕事に就いていた人は、人当たりがよく評判の高い占い師になるといわれています。