電話の占い師

電話占いも人気

占いは、さまざまな場所や場面で行われていますが、「電話」を使った占いも一般的です。

電話での占いの場合、占い師とお客さまが直接顔を合わせることはなく、お客さまは自身の悩みや占ってほしい内容を電話を通して占い師に伝えます。

そして、占い師はその内容を踏まえて道具などを使いながら占いをし、結果をお客さまに電話口で伝えます。

お客さまは「1分〇〇円」「10分〇〇円」といった形で占いの料金を支払います。

電話の占い師になるには

電話の占い師としての活動をしたい場合、まずは電話占いのサービスを提供する会社に占い師として登録するのが一般的です。

電話の占い師も、タロット、霊感、算命学、西洋占星術など、一人ひとり得意分野や専門分野を持っています。

会社によっては、登録のために面接や技術審査などのオーディションが行われることがあるようです。

どの程度のスキルや経験が求められるかは、会社によって異なると考えておいたほうがよいでしょう。

ホームページなどに占い師の情報が掲載され、お客さまからの指名を受けて占いをすることが多いです。

なお、電話の占い師は、対面の占い師としての活動と両立している人も多くいます。

占い師として人気が出れば、会社に登録せず、個人名だけで電話占いをしていくこともできるでしょう。

電話の占い師の収入

電話の占い師は、完全出来高制で収入を得ることがほとんどです。

したがってできるだけ多くのお客さまからの指名を得て、長時間占いをすることによって、収入を増やすことができます。

占い師がもらえるお金は、1分あたり20円〜100円程度が相場となっているようです。

ベテランの人気占い師になれば時給にして1,500円以上を得ることもできますが、15分程度の短時間で終わることも多々あり、一気に多くのお金を得るのは簡単ではありません。

また、占いの会社では新しい占い師もどんどん登録されるため、電話の占いだけで生活を成り立たせていくのは大変なことだといえるでしょう。