運転手(バス・タクシー・トラック)の疲労、眠気、職業病

長距離運転は疲れる?

「運転のプロ」である運転手ですが、人間の集中力にはやはり限界があります。

1日中ハンドルを握ったり、長距離を運転していれば、どうしても疲れがでるものです。

運転手にとって最も大切なことのひとつは、事故を起こさないようにすること。

乗務中は常に細心の注意を払っており、少しでも疲れを感じたら、すぐに休憩することを心がけているようです。

乗務中の疲れをとる方法として、最も効果的とされるのは「仮眠をとる」ことです。

長距離トラックの運転手は、パーキングエリアなどでの休憩時間に少しでも頭と身体を休められるよう、お気に入りの枕を携帯している人も少なくありません。

短時間でも良質な睡眠をとれば、リフレッシュできます。しかし、脳の目覚めが追いつかないうちに再び運転を始めると、思わぬ事故につながるため注意が必要です。

眠気との戦い方

運転手にとって一番の敵は「眠気」といえるかもしれません。ウトウトしながらの運転は大変危険であるため、何とかして目を覚ます必要があります。

眠気対策としてよくとられている方法は、カフェインを摂取することです。

コーヒーなどカフェインが多量に入っているドリンクを飲んだり、タブレット型のカフェイン剤を形態している人もいます。

また、脳に酸素を送るために少し窓を開けて外の空気を吸ってみたり、コンビニなどに車を停めて簡単なストレッチをすることも効果的です。

そのほか、顔を洗ったり、強力なミントのガムなどを噛んでみたり、歌を歌ったり…といった方法を試すこともありますが、どうしても眠気に勝てないときは無理をせず、やはり少しでも仮眠をとることが一番とされています。

職業病

運転手がよく抱える職業病のひとつは「腰痛」です。毎日長時間座席に座っていることや、運転中は常に上下の振動を受けることなどから腰に負担がかかりがちで、腰痛に悩まされている運転手はとても多いです。

少し腰に違和感を覚える程度であれば、湿布を貼ったり、ストレッチをしたりすることで治るかもしれませんが、ひどくなると椎間板ヘルニアを患ってしまうこともあります。

こうなると、最悪の場合、運転ができなくなってしまうかもしれないため、すぐに整形外科に行くべきです。

そのほか、長時間座り続けることから「痔」になってしまう人もいるようです。

とくに、夏になるとエアコンをかけた車内で長時間過ごすことによって、全身の血流が悪くなるため注意が必要です。

運転手は集中力を要しますが、座っている時間が長いため、実は運動不足になりやすい仕事です。休日は積極的に身体を動かし、健康維持に努めたいものです。