運転手(バス・タクシー・トラック)の生活

タクシー運転手の生活

タクシー会社に勤めるタクシー運転手は、1回の勤務時間が長いという特徴があります。だいたい1日に15時間〜20時間働くことが一般的で、出勤日と休日を交互に繰り返しています。

タクシーの運転手の稼ぎは、電車やバスの運行が終了した夜間が中心となります。

最近は、タクシー業界も過当競争が進んでおり、エリアや日によっては日中ほとんどお客さまが掴まらないこともあります。

タクシー会社は「歩合制」となっているところも多く、お客さまが乗らなければお金が入ってこないため、運転手はプレッシャーを感じることもあるかもしれません。

なお、経験を積んで個人タクシーの運転手になれば、勤務時間や休日を自由に決めることができます。

バス運転手の生活

バス運転手の生活は、大きく分けて「路線バス」と「観光バス」のどちらの運転をするかによって異なります。

路線バスの場合、早番、遅番、夜番の3交代制で働くことが一般的で、その日の勤務スケジュールに基づき、1時間半〜2時間程度の運転と小休憩を繰り返します。

路線バスはダイヤに沿って運行することが重要です。始発と終発の時間が決まっているため、深夜バスを除き、深夜に働くことは普通ありません。

観光バスの運転手になると、担当するツアーの旅程によって勤務時間が変わってきます。

路線バスとは違い、ツアーによって異なる場所への運転をすることも特徴といえます。早朝に出勤して、渋滞に巻き込まれれば日付が変わる頃ということもあります。

トラック運転手の生活

トラック運転手の場合、常に目的地への荷物の到着時間から逆算して、車を走らせることになります。

近距離の運転を担当する場合はそこまで不規則な生活にはなりませんが、たとえば東京〜九州といったような長距離運転をする場合には、客先への納品と現地での積み込み作業を繰り返し、5日ほどかけて戻ってくることも一般的です。

どうしてもトラックの中で過ごす時間が長くなり、高速道路にあるシャワー完備のパーキングエリアでシャワーを浴びたり、着替えたりすることも。

担当する案件によっては、自宅に帰れるのは10日に1日ほどになることもあります。

長距離トラックの運転手は交通量の少ない深夜に走ることが多いこと、また荷積みや荷降ろしの間の「待機時間」に仮眠をとることが多くなるため、タクシーやバスの運転手以上に不規則な生活になりがちといわれています。