運転手(バス・タクシー・トラック)の資格

タクシー運転手の免許・資格

タクシー運転手として働くには、必ず「普通自動車第二種運転免許」が必要です。

この免許は21歳以上で、大型自動車免許・普通自動車第一種免許・大型特殊免許のいずれかの免許を取得してからの期間が3年以上経っていれば、試験を受験することができます。

さらに、東京、大阪、神奈川(横浜市、川崎市、横須賀市および三浦市)のタクシー会社で働く場合は、タクシーセンターの地理試験に合格する必要があります。

バス運転手の免許・資格

バスの運転手として働くには、必ず「大型二種自動車運転免許」が必要です。

この免許は21歳以上で、普通自動車免許か大型一種自動車運転免許、もしくは大型特殊自動車免許の取得後3年以上が経過していることで、受験することができます。

トラック運転手の免許・資格

トラックといってもさまざまあり、最大積載量3トン以上の車を運転するためには「中型免許」が、6.5トン以上は「大型免許」が、さらに車種によっては「大型特殊免許」が必要となります。

車両総重量が750kgを超える大型トレーラーやタンクローリーを運転するためには、大型免許だけでなく「けん引免許」が必要となります。さらに、タンクローリーの中身によっては、さらに別の資格が求められます。

たとえば、ガソリンや軽油等を運ぶ場合は「危険物取扱者免許」、毒物を運ぶ場合は「毒物劇物取扱責任者免許」、高圧ガスを運ぶ場合は「高圧ガス移動監視者講習」の修了もしくは「高圧ガス製造保安責任者免状」が必要となるなど、細かな規定があります。