運転手(バス・タクシー・トラック)になるには

それぞれ免許が必要

運転手として働くためには、乗用車を運転するのと同様に「運転免許」が必要です。

バス、タクシー、トラック、どの運転手を目指すかによって、またどのような大きさや種類の車を運転するかによって、求められる免許の種類が異なります。

運転手が働く企業の採用条件として「高卒以上(場合によっては大学以上)」を掲げている会社もありますが、基本的に運転手の仕事では学歴はさほど重視されず、熱意や体力のほうが求められます。

ここでは、それぞれの運転手になるための一般的なルートや必要な免許についてご紹介しましょう。

バス運転手の場合

大型第二種自動車運転免許が必要です。この免許を取得するための条件として、普通自動車運転免許か大型一種自動車運転免許、もしくは大型特殊自動車免許を取得し、通算3年以上の期間が経っていることが求められます。

バス運転手を目指す人のおもな就職先は全国の路線バス会社や観光バス会社です。入社後は、運行する路線の停留所や地理を勉強したり、アナウンスの練習をしたり、実技訓練、そしてお客さまをきちんと迎えるためのマナー研修を受けたりしたのちに、運転手としてデビューします。

大型二種運転免許は就職後に取得可能な会社も多いですが、就職・転職の条件として普通免許の所持は必須としている場合が多いようです。

タクシー運転手の場合

普通自動車第二種運転免許が必要です。この免許は、タクシーなどの旅客用自動車に、お客さまを乗せて運ぶ目的で運転する場合に、必ず求められるものです。

就職先はタクシー会社となります。各社では第一種普通運転免許を所持している人を優先的に採用し、養成訓練を行うことが多いようです。年齢制限はないことが多いですが、第二種運転免許の受験資格は21歳以上となっています。

なお、東京、大阪、神奈川(横浜市、川崎市、横須賀市および三浦市)のタクシー会社で働く場合は、「タクシーセンター」と言われる場所で講習を受け、地理試験に合格しなければなりません。

タクシー会社に入ってからは、マナー研修や無線の使い方など必要な教習を受け、訓練を繰り返したのちにデビューとなります。

トラック運転手の場合

トラック運転手として働くには、まず物流会社や運送会社に就職するのが一般的です。大型トラックの運転は特別な技術を必要とされるため、経験者を優先的に採用する傾向が強いようです。

採用条件としても、「大型の運転経験1年以上もしくは大型免許取得後1年以上」といった条件を掲げている会社は少なくありません。

しかし、中には現場未経験者を積極的に採用する会社もあります。大型免許を取得した上で、まず2トントラックの運転からスタートし、経験を積んでいくにつれて4トン、10トン…とステップアップする流れが一般的です。

また、車両総重量が750kgを超える大型トレーラーを運転するには「けん引免許」が、そしてタンクローリーを運転するには取扱品目に応じて「危険物取扱者免許」等も必要になります。