受付部門の種類

受付は、企業を中心とするさまざまな組織や施設などにおいて、お客さまをもてなし、適切なご案内をする仕事です。

こうした役割はどのような場所で働くにしても共通していますが、細かな仕事環境や業務内容は、組織や企業の種類などによっても多少変わってきます。

ここでは、職場による受付の特徴の違いについて見ていきたいと思います。

企業の規模による違い

受付は、基本的に一定以上の規模の企業において配置されることが多くなっています。

たとえば、社員がわずか10名といった小さな企業においては、わざわざ専任の受付担当者を置くことはほとんどありません。

無人の受付にて、お客さまが訪問したい担当者に直接内線をかけて呼び出す、ということがよく見られます。

しかし、社員が何千人といったクラスの大企業にもなるとそういうわけにはいきません。組織の規模が大きくなればなるほど部門も細かく分かれていくため、担当者を呼び出すのも一苦労です。

そういう場面において、受付が活躍します。受付は企業の窓口となってお客さまの要望を伺い、社内のITシステムなどを利用して担当者を素早く呼び出します。

とくに規模の大きな企業になると、お客さまの数が非常に多くなることから、受付が何人もいることは珍しくありません。

一方、そこまで規模が大きくない企業であれば、一人の受付がすべてのお客さまの対応をすることも一般的です。

組織の種類による違い

ひとくちに受付といっても、どのような業務を担当するかは組織によって異なります。

受付は、あらゆる業界の企業において活躍することができますが、なかでもパソコンの入力作業といった事務作業にも重点が置かれている場合は、「受付事務」という名称がついていることもあります。

また、一般企業のみならず病院などでも受付は活躍しており、その場合も受付事務として活躍する人がたくさんいます。

その場合、患者さんの予約確認や会計などまで担当することも多いです。

そのほか、ショールームでは施設内を案内したり、フィットネスクラブでは入会申し込み手続き等を担当したりするなど、勤務先によってどのような仕事をするかは異なります。