受付担当の1日

受付は、企業を中心とするさまざまな組織で活躍することができます。

多くの企業において、お客さまがいらっしゃるのは基本的に日中の時間帯の営業時間内となるため、受付もその時間に合わせて仕事をすることになります。

1日の仕事の流れはそのときの状況等によって少し変わってくる場合も多々ありますが、ここでは一例として、受付で働く人のある1日の過ごし方を紹介します。

大手企業で働く受付のある1日

8:15 出勤

1日のスケジュールを確認。当日に社内で重要なイベントがある場合には、どのような対応をすればよいのかを再確認します。

8:30 朝礼

部内での朝礼に参加します。挨拶などの声だしもしっかりと。

8:45 受付へ

制服や身だしなみを整えて、お客さまをお迎えする準備をします。

9:30 来訪者の対応

営業時間を過ぎると、続々とお客さまがやってきます。一人ひとりの方に丁寧に対応し、スムーズに担当者へ取り次いでいきます。

12:00 休憩

受付に誰もいなくなることがないよう、他の受付スタッフと交代で昼食をとります。

13:00 来訪者の対応

午後も引き続きお客さまをお迎えします。眠くなったり疲れてきたりしても、お客さまの前では常に笑顔。集中力を保っていなくてはなりません。

14:00 事務作業

お客さまの訪問がない時間を利用し、パソコンを使って来訪者を記録する仕事を行います。

15:00 会議室予約

他の部門から会議室予約の依頼が入れば、社内のネットワークを利用して予約を行います。

17:30 片付け

お客さまの訪問が落ち着いたところで受付まわりを整え、翌日の仕事に備えます。

18:00 勤務終了

アクシデントなどがなければ、ほとんど残業をせずに帰宅できます。