宇宙飛行士を体験するには

宇宙飛行士の体験とは?

宇宙飛行士は、宇宙という特殊な環境に順応しながら生活するために、日々さまざまな訓練を重ねています。

しかし、宇宙といっても一般人にはなかなか想像し難い世界。そこで、茨城県つくば市にある「筑波宇宙センター」では一般開放を行い、宇宙飛行士が行っている訓練の一部を体験することができます。
筑波宇宙センター

模擬訓練の内容

パソコンを使った遠隔操作による宇宙ローバー(無人探査車)の操作、緊急時の対処方法、船外活動、また国際宇宙ステーションの閉鎖環境を模した設備で、仲間との共同作業や適性検査などができるようになっています。

これらは宇宙飛行士が行う訓練のほんの一部分ですが、実際の訓練を体験することで、宇宙飛行士の仕事がより身近に感じられるようになるのではないでしょうか。また筑波宇宙センターは、広大な敷地内に複数の宇宙開発関連施設を有しています。

不定期で見学ツアーなどのイベントが開催されるほか、書籍やビデオなどを通して宇宙のことを学べるコーナーもあるため、宇宙に興味がある、宇宙飛行士になりたいという気持ちがある人は、一度は立ち寄ってみるとよいでしょう。

注意事項

対象年齢は小学2年生以上と定められているほか、参加するためには模擬訓練・体験を主催する株式会社エイ・イー・エスに、インターネットなどを使った事前予約が必要となります。当日の体験時間や内容、注意事項等も同社のホームページ上に掲載されているため、事前にご確認ください。
株式会社エイ・イー・エス 宇宙飛行士模擬訓練・体験