宇宙飛行士の採用条件

宇宙飛行士は、厳しい訓練を受けて宇宙という特殊空間に滞在することになるため、それに対応できるだけの能力を持っていることや、身体上の条件をクリアしていることが求められます。応募条件として掲げられているのは、以下の通りです。

学歴・能力等

日本国籍を有し、大学(理学部、工学部、医学部、歯学部、薬学部、農学部等の自然科学系)卒業以上、さらに自然科学系分野における研究、設計、開発、製造、運用等に3年以上の実務経験が求められます(ただし、大学院で修士号取得者は1年、博士号取得者は3年の実務経験とみなされます)。

また、水中での訓練が受けられるだけの泳力と、外国人の宇宙飛行士たちともコミュニケーションが図れるだけの英語能力も必要とされます。

身体上の条件

身長158cm以上190cm以下、体重50kg〜95kgの条件があり、宇宙服を着用して船外活動を行うには165cm以上が必要となります。

また、血圧は最高血圧140mmHg以下かつ最低血圧90mmHg以下、両眼とも矯正視力1.0以上、色覚と聴力はどちらも正常であることが求められます。

その他

宇宙飛行士としての業務に対応できるだけの科学知識や技術を有していることのほか、国際的なチームの一員となって任務にあたるため、協調性、適応性、情緒安定性、意思決定能力等も重視されます。

細かな条件は毎回変更がありますが、直近に行われた第5回選抜試験の場合、「日本人の宇宙飛行士としてふさわしい教養等を有すること」という条件も加わっています。

日本の代表として、日本を背負って宇宙に飛び立つという自覚を持ち、日本文化はもちろん国際社会や異文化への理解と造詣、表現力、人文科学分野の教養等を持っているかどうか、という面が重視されているようです。