宇宙飛行士の魅力

夢と希望を与えられる

宇宙飛行士になれるのは限られたほんの一握りの人だけですが、いつも夜空を見上げて宇宙に思いを馳せてみたり、テレビや映画を見て宇宙に憧れたりする人はたくさんいます。そんな多くの人々に対し、宇宙へ飛び立って夢や希望を与えられるのが宇宙飛行士です。

宇宙飛行士は、地球上にいる日本の、そして世界中の人々のたくさんの思いを背負っているだけに、強い誇りと情熱を持って仕事に臨むことができます。

誰もができる仕事ではない

これまで日本でわずか11名しか誕生していない宇宙飛行士は、私たちにとってまだまだ特別な職業だと言えます。宇宙飛行士にはさまざまな能力や適性が求められるため、いくら宇宙飛行士になりたいと思っても、なれない人のほうがずっと多いのです。

しかし、それだけ難しい職業を目指して見事に夢が叶ったら、それだけでもこの上ない喜びを感じられるでしょう。そして、そこから実際に宇宙に行くことができれば、厳しい訓練も続けていて良かったと思えるでしょう。

一生宇宙に関わり続けることができる

もし宇宙飛行士として飛ぶことを辞めたとしても、この仕事で培った経験は、その後の人生にも生かすことができます。これまでに引退した日本人の宇宙飛行士たちも、その後は積極的に宇宙関連の仕事や活動を行っています。

生涯を通じて宇宙と関わり続けることができるのは、宇宙に興味がある人にとって、大きな魅力の一つと言えるでしょう。