テレビ局社員の仕事、業務内容

放送部の仕事

テレビ局にはさまざまな仕事があり、大まかにいうと「放送部」と「技術部」と「それ以外」の部署に分けることができます。

放送部というのはその名の通り放送に直接的に携わる部署のことで、番組を企画する「ディレクター」や「プロデューサー」、ニュースや中継を担当する「アナウンサー」、事件や事故などの取材をする「記者」は放送部に所属しています。

テレビ局の看板商品であるテレビ番組そのものを制作する仕事をしているため、どの職種も非常に忙しいのが特徴です。

その分、クリエイティブな仕事に携われることが多く、自分のアイディアや伝えたいことを番組にするやりがいを感じることができる部署ともいえます。

テレビプロデューサーの仕事
テレビディレクターの仕事
テレビADの仕事
アナウンサーの仕事

技術部の仕事

テレビ番組を放送するための技術的なサポートを行うのが、技術部の仕事です。

一番よく知られているのは映像を撮影する「カメラマン」かもしれませんが、それ以外にも音楽やインタビューを収録する際に活躍する音声スタッフやスタジオのライティングをデザインする照明スタッフもいて、技術的な知識やスキルを駆使して番組制作に携わっています。

さらに、地デジの放送システムを構築する仕事や電波の送受信に関わる問題に取り組む仕事もあり、視聴者には見えない部分で多くの技術スタッフが放送を支えています。

それ以外のさまざまな仕事

テレビ局には、それ以外にもさまざまな仕事があります。

たとえば、テレビが存続し続けるために欠かせない職種ともいえるのが「営業」です。

民放の場合はCMを放送するスポンサーとなってくれる企業を探して交渉をするのが仕事ですが、公共放送であるNHKにも「営業」という仕事があり、この場合は受信料を支払う義務がある個人や団体を相手に交渉などを行います。

また、いつどのような番組を放送するのか、放送におけるタイムテーブルを作成する「編成」の仕事もあります。

一般企業と同じように「経理」や「広報」「人事」などを担当する部署もあり、事務系の職種の人たちも活躍しています。