テレビ局社員と番組制作会社社員の違い

テレビ局社員のメリットは

テレビ局で働くスタッフの中には、局の社員として働いている人もいれば、番組制作会社の社員として働いている人もいます。

どちらも同じように番組を作る仕事に携わることになりますが、仕事内容や待遇には大きな違いがあります。

まずは仕事内容の違いです。

ディレクターという職種で見てみましょう。

担当している番組のロケや編集や台本作成をするという点ではどちらも同じですが、局の社員の場合は、

「この番組は新年度こんなふうに変えてみたらいいんじゃないだろうか」
「今度こんな特集番組を作ってみたらどうだろう」

というように、自分の担当回のみならず番組の企画や編成そのものに関して提案することができます。

一方、番組制作会社の社員の場合は、あくまでも業務委託を受けている立場になるので、局から発注された放送回のテーマや内容に関することしか提案できません。

より自由にアイディアが出せて、決定権があるのが、テレビ局の社員といえるでしょう。

また、給料や福利厚生などの待遇の面でも、テレビ局社員と番組制作会社の社員だと、テレビ局社員のほうが圧倒的に安定しています。

番組制作会社入社のメリットは

仕事内容の幅の広さや待遇の安定性という面ではテレビ局社員のほうが勝るかもしれませんが、番組制作会社ならではの良さというのも、もちろんあります。

そのひとつは「さまざまなテレビ局の番組を作れること」。

カラーの違う複数のテレビ局に出入りし、さまざまなスタッフと知り合うことができ、幅広いジャンルの番組に携われることは、クリエイターにとって刺激的なことです。

そしてもうひとつ、「ずっと現場にいられる」という魅力もあります。

テレビ局社員の場合は年齢とともに管理職にキャリアアップしていくのが一般的ですが、番組制作会社の社員は多くの場合、ずっと現場で働くことができます。

ディレクター、カメラマン、編集マンなどの職人気質な人は、番組制作会社を選ぶことで好きな仕事を長く続けるという選択肢をするのもよいでしょう。