テレビ局社員のつらいこと、大変なこと、苦労

放送直前は激務になることも

テレビ局で働く上では、常に放送日という絶対的なスケジュールに合わせて働くことになります。

たとえば「金曜日の19時から放送する番組」に携わっているスタッフの場合は、たとえ取材や編集でトラブルが発生しても、自分自身の体調が悪くても、絶対に金曜日の19時には番組を放送できる状態にしなければいけません。

放送日時に合わせてスポンサーのCMが流れることが決まっていますし、新聞やインターネットのテレビ欄にも告知が出ており、「今週は放送に間に合いませんでした」なんていうことは許されないのです。

このため、テレビ局社員はいつも放送の日時という締め切りに追われており、とても忙しく働いています。

職種によっては食事をまともに取ることができなかったり徹夜が続いたりすることもあり、激務になる可能性があります。

体力に自信がある人のほうが続けていける業界と考えておいたほうがよいでしょう。

大きなプレッシャーを背負って

テレビの制作に携わるということは、非常に大きな責任の伴うことです。

たとえば、政治や国際問題などのニュースを扱う場合、事実とは異なる内容を放送してしまうことは世間に対して大きな誤解を与えることにつながります。

また、情報番組やバラエティ番組においては、制作者が「演出」だと認識していたことが世間からは「やらせ」として受け取られてしまって大きな社会問題に発展することもあります。

さらに、テレビの業界には常に厳しい視聴率競争があり、低視聴率の番組はスポンサーからクレームが入り、年度途中で打ち切られてしまうこともあるのです。

一見すると華やかな業界に見えるかもしれませんが、テレビ局で働く人は、このようなさまざまな責任と大きなプレッシャーを背負って働いています。

「面白そう」「クリエイティブなことができそう」という明るいイメージだけではやっていけない仕事です。