テレビ局社員の志望動機、面接

テレビへの情熱をアピール

テレビ局というのは華やかに見える世界であり、クリエイティブな仕事ができるという魅力もあるので、昔から就職活動生に高い人気を誇ります。

試験を受ける人の中には「子どもの頃からテレビ番組を作る仕事に憧れがあった」という人もいれば、「テレビ局で働いて芸能人に会ってみたい」「高収入だから就職したい」という理由で受験する人もいます。

そのため、就職試験の際には自分がこの業界を本気でめざしているということを強くアピールすることが大切です。

たとえば、「大学受験で失敗したときに偶然テレビで見たドキュメンタリー番組に励まされて再チャレンジすることができた。自分も人々を勇気づけるような番組の制作に携わりたい」というような志望動機で、やりたいことを明確に伝えることができます。

また、地方局への就職をめざす場合は、「地域密着型の魅力的な情報番組を作ることで故郷を元気にしたい」というような理由で地域への思いも伝えたほうがよいでしょう。

いずれの場合も、受験するテレビ局が制作しているテレビ番組に関する知識をしっかりと身につけてから試験に臨みましょう。

好きな番組や影響を受けた番組、番組全般への意見などを聞かれることもあるので、自分なりに意見を整理しておくと面接がスムーズに進みます。

職種ごとの志望動機が大切

テレビ局の場合は、就職試験の時点で希望の職種を決めておかなければいけないことも多いので、自分がどんな仕事に就きたいのかを具体的にイメージした上で面接に臨むことが大切です。

「アナウンサー」や「ディレクター」「カメラマン」などの比較的イメージしやすい職種だけではなく、CMのスポンサーを探すための「営業」の仕事や、テレビ番組の放送日時をプログラムする「編成」の仕事もありますし、他の企業と同じように「経理」や「人事」の仕事もあります。

テレビ局の採用情報が掲載されているホームページには各職種の詳しい説明が書かれているので、チェックした上で自分に最も合う職種を選んで志望動機を考えるとよいでしょう。