テレビ局の就職、採用の状況

正規雇用は減少傾向

テレビ局の正社員の就職試験は毎年行われていますが、その採用人数は決して多くはありません。

近年ではインターネットの台頭や娯楽の多様化によってテレビの視聴率が下がり、テレビ局はどこも苦しい局面に立たされています。

こうした状況のなか、予算削減のために各業務を外部プロダクションに委託する流れができており、正社員の数が減少しているのです。

高倍率の狭き門

それでは、テレビ局の採用人数を具体的に見てみましょう。

ここ数年、キー局の新卒採用人数は全職種あわせても30人ほどであることが多く、地方局にいたっては数名のみの採用となる年もあります。

公共放送であるNHKの場合は300人ほどの新卒採用を行いますが、この人数は本部だけでなく全都道府県にある地方局に赴任する人を含めての人数となります。

いずれの場合も応募する人の数は非常に多く、例年、その倍率は数百倍から数千倍になるようです。

テレビ局によっては新卒採用だけではなく中途採用も行っていますが、こちらもやはり採用人数が若干名とされていることが多く、狭き門となることで有名です。

今後もテレビ業界の苦しい状況が続けば、採用人数が大幅に増えることは考えにくいでしょう。

内定を勝ち取るために

テレビ局の就職試験は非常に倍率が高いことから、一度チャレンジしてダメだった場合は就職活動をストップし、翌年もう一度チャレンジするという人も多くいます。

あるいは契約社員として入社して経験を積みながら、中途採用で正社員になれるチャンスを待つという人もいます。

また、番組作りに直接携わることができるアナウンサーやディレクターはとくに人気が高く、チャンスを掴める人数が限られていることから、内定をもらうためにキー局だけではなく地方局も含めて全国各地のテレビ局を受験するというケースも珍しくないようです。

厳しい就職試験を勝ち抜くためには、簡単にあきらめることなく、さまざまな作戦を練ることが大切なのです。