テレビ局社員として働くには

テレビ局社員への道

テレビ局の社員として働くには、どのようなルートがあるのでしょうか。

ここでは、新卒採用や中途採用、アルバイトからの採用についてそれぞれ説明します。

新卒採用で入社するには

まず、テレビ局の社員として新卒採用で入社する方法です。

新卒採用は基本的に年に一度行われており、応募にあたって資格や免許は特に必要ありません。

ただし、テレビ局だけではなくマスコミ業界全般にいえることですが、大学を卒業していることが応募条件となっていることが多くあります。

学部に関しては特に決まりはありませんが、言語を武器とするアナウンサーや台本作成を担うディレクターなどは文系学部の出身者が多く、カメラマンや音声スタッフなどの技術職は理系学部の出身者が多いという傾向はあるようです。

就職試験は、他の企業と同じように書類審査(エントリーシート)から始まります。

時事問題の筆記試験や面接やディスカッションがある場合もあれば、ディレクター志望者の場合は実際にテレビ番組の企画を立てる試験を行われることもありますし、アナウンサー志望者の場合はスタジオで原稿を読むカメラテストを受けることもあります。

他の業界とは少し異なる試験となるので、試験内容や傾向を勉強して心構えをしておくことが大切です。

中途採用で入社するには

新卒採用以外にも、中途採用で入社する方法があります。

中途採用を受ける人は、新聞社や出版社などのマスコミ関係者や番組制作会社のディレクター、フリーランスのリポーターやキャスターが多いのですが、なかにはまったくの未経験者もいます。

最近ではテレビ局も視聴率が下がり苦しい局面に立たされており、他業界の経験者の新しい視点や柔軟な発想力を必要としているところもあるようです。

こうした背景から未経験者の挑戦を積極的に受け入れている局もあるので、挑戦してみる価値はあるでしょう。

中途採用も基本的には年に一度行われていますが、人手不足のときに不定期に求人を出す場合もあるので、こまめに情報をチェックしておくことが大切です。

また、中途採用の場合は応募の際に年齢制限が設けられていることがあるので、応募条件をしっかりチェックしましょう。

アルバイトから社員になるには

テレビ局に興味がある人のなかには、アルバイトから社員に登用されるケースを望む人もいるかもしれません。

しかし、基本的にアルバイトや契約社員が能力を認められてそのまま正社員になれるということはないと思っておいたほうがよいでしょう。

テレビ局は公平性が求められる報道に携わる機関でもあるので「コネで入社した人がいる」「縁故採用があるようだ」などの噂がたつことを避けるためにも、不透明な採用はしない方針です。

採用されるためには、新卒採用と中途採用という誰もに平等に与えられたチャンスを掴むしかありません。

ただし、アルバイトとして働いている有望な学生に「新卒採用を受けてみたら?」と社員が声をかけるケースや、契約社員として働いている優秀な社員に「中途採用を受けて正社員をめざしてみたら?」と声をかけるケースは珍しくありません。

社員に声をかけてもらったことで採用が有利になるということはありませんが、実際に仕事を体験しているため具体的な志望動機や適性をアピールすることができるという点が大きな強みとなり、内定につながることがあります。

自分の適性を見極めるという意味や業界研究ができるという意味でも、アルバイトや契約社員が正社員への第一歩となる可能性があるので、テレビ局をめざすのであればこういった入り口を探すのもよいでしょう。

ただし、アルバイトとして働くことができる人はわずかであり、人づてで採用していることも多いようです。