テレビ局社員の勤務、労働時間、休日、残業

不規則な勤務が当たり前

テレビ局の社員は、職種によって勤務のスケジュールが大きく異なります。

まずは放送に携わる職種の人たちの働き方を見てみましょう。

アナウンサーの場合、担当している番組の放送時間に合わせて早朝から深夜までシフトを組んで働くことになります。

朝5時からスタートするニュース番組のキャスターになれば夜明け前の3時ごろに出勤することもあり、昼過ぎには退勤することができます。

一方、夜の情報番組に出演する場合は、午後から出勤して深夜まで働くことになるので、同じテレビ局に勤めるアナウンサーどうしでも勤務時間はそれぞれに異なります。

また、アナウンサーの中でもリポーターの仕事をしている場合や報道に携わる記者やディレクターやカメラマンの場合は、突発的な事件や事故の速報が飛び込んで来たら一刻も早く現場に直行するのが重要な任務です。

たとえ休日であっても深夜であっても電話で急に呼び出されることがあります。

あるいは、担当している番組の取材や編集が放送時間までに間に合いそうにないときは、局に泊まり込んで徹夜で仕事をすることも珍しくありません。

放送に携わる職種の人たちは、勤務時間や休日に関しては不規則になることが避けられないのです。

規則正しく働ける職種も

もちろん、テレビ局で働いている全ての社員が不規則なスケジュールで働いているわけではなく、一般企業と同じように決められた勤務時間の中で働いている人たちもいます。

代表的なのは事務系の仕事に携わるスタッフです。

たとえば「広報」や「経理」「人事」を担当している人たちの場合は、基本的には急な呼び出しや深夜残業、休日出勤などはありません。

毎日、朝8時半ごろから18時ごろまで働くことになります。

テレビ局社員といっても放送に直接携わるかどうかで勤務のスタイルは大きく異なるので、この業界をめざすのであれば理想の働き方も考えたうえで希望の職種を決めるとよいでしょう。