テレビ局社員の雰囲気、風土

好奇心旺盛な人が多い職場

テレビ局の雰囲気は職場によって異なりますが、全体的にいえることとしては「好奇心が旺盛な人が多い」ということでしょう。

テレビというのは、料理のレシピからスポーツの試合の結果、殺人事件の速報、ドラマの最新話まで新しい情報をどんどん更新して発信するメディアです。

テレビの仕事に携わると自然とさまざまな情報が耳に入ってくるので、自分自身も博識になれたり興味の対象が広がっていったりします。

こうしたことが背景にあり、テレビ局の社員は好奇心旺盛な人が多いという傾向はあるようです。

番組の性質による雰囲気の違い

テレビ局というと華やかで明るい雰囲気の職場をイメージする人もいるかもしれませんが、実際は担当している仕事内容によって大きな違いがあります。

テレビの放送に携わっている人たちのなかには、ドラマやバラエティ番組などの番組制作に携わっているチームと、毎日のニュースや特集番組などの報道に携わっているチームがあります。

前者で働くディレクターやアナウンサーは発想力豊かなアイディアマンが多く、台本を膨らませていきながら現場を面白く作り上げていくことを得意としています。

服装に関しても、ラフな格好で働ける雰囲気があり、一般的なサラリーマンのようにスーツを着ることはめったにありません。

一方、後者で働く記者やカメラマンは豊富な知識があって取材力が高い人が多く、事件や事故が起きればすぐに飛び出していける強い正義感と行動力を武器にしています。

服装に関しても、スーツやジャケット着用で職場に来るのが当たり前です。

報道機関というのは人の生死に関わる情報を扱うこともあるわけですから、取材相手や視聴者に対して失礼にならないよう気を配ることはとても大切なことなのです。

また、報道の現場は常にバタバタしており放送直前には怒声が飛びかうこともありますが、そのぶん団結力が強く、チームで乗り越えるやりがいを感じられるという魅力もあるようです。