テレビ局社員に必要な資格、スキル

必要な資格

テレビ局の社員になるために必要な資格というのはありません。

特定の資格よりも、テレビに対する情熱や発想力や企画力などのクリエイティブな能力が重要な職業なので、このようなスキルがあることが重視されると考えておいたほうがよいでしょう。

ただし、学歴に関しては、応募の条件として「四年制大学あるいは大学院を卒業」としているところも多いので、自分のめざすテレビ局の求人情報をよくチェックしておくことが大切です。

また、テレビ局社員として働く上で役に立つ資格というのもありますが、これは職種によって異なります。

たとえば、言葉を武器に活躍するアナウンサーであれば、語学が堪能であることを証明する「TOEIC」や「英検」のような資格や日本語能力が高いことを証明する「漢字検定」の資格が役にたつことがあります。

報道で活躍するディレクターや記者であれば、金融や経済に関する資格や気象に関する資格を持っていることで得意分野ができ、専門性の高い仕事ができることもあります。

一方、技術職の場合は仕事をする上で「無線技術士」などの資格が必要となることがありますが、入社時点で所持している必要はなく、就職してから試験を受ける人が多いようです。

求められる専門スキル

テレビ局社員に求められるスキルは職種によって異なりますが、「アナウンサー」として働く場合は特に専門的なスキルが必要となります。

具体的にいうと、正しい発音やハッキリとした滑舌で朗読をするスキルや、聞きとりやすい声のトーンやテンポで話をするスキルであり、この基本的なアナウンス能力は就職試験の際にしっかりチェックされます。

このため、アナウンサー志望者の場合は専門のスクールで勉強をしてから就職試験を受けるケースが多いようです。

アナウンサーの仕事

テレビ局が主催している「アナウンススクール」や個人が主催している「話し方教室」などがあります。

また、都内の大学を中心に「アナウンス研究会」というアナウンス能力を磨くためのサークルがあり、たくさんのアナウンサーを輩出しています。

アナウンサー志望の人はこのようなアナウンススクールやアナウンス研究会をチェックしてみるとよいでしょう。