テレビ局社員になるための学校(大学・学歴・学部)

正社員をめざすなら大学進学を

テレビ局で働くにあたっては「テレビ局の正社員として働く」「テレビ局の契約社員やアルバイトとして働く」「テレビ局が業務委託をしている制作会社の社員として働く」など、さまざまな道があります。

一般的にはどのルートをめざすかによって求められる経歴も異なります、

まず、正社員として就職したいのであれば、就職試験の応募条件が「大学を卒業していること」となっていることが多いので、大卒の学歴が必要です。

テレビ局は就職試験の倍率が非常に高く厳しい戦いになることから、一般的には大学のレベルはできるだけ高いにこしたことはないといわれています。

キー局の場合は、東大、京大、早稲田、慶応、上智などの有名な大学の出身者が多く、地方局の場合も関東や関西の有名大学か地元のトップレベルの大学の出身者が多いという傾向はあるようです。

また、大学院の卒業生や留学経験者も多いので、高い学力を身につけて多様な経験を積んでおくことが大切です。

学部やサークルで幅広い経験を

正社員をめざす場合の大学の学部に関しては、とくにこれといった決まりはありません。

アナウンサーやディレクターは文系が多く、技術職は理系が多いという傾向はありますが、希望する職種や仕事の内容にあわせて学部を決めれば問題ないでしょう。

また、大学によっては「マスコミ研究会」や「アナウンス研究会」というサークルがあり、たくさんのマスコミ内定者を輩出しています。

このようなサークル活動での実践的な経験や人脈が就職活動で役に立つことがあるので、大学を選ぶ際に参考にするのもよいかもしれません。

専門学校が近道になることも

一方、もしも「テレビ局の契約社員やアルバイトとして働く」「テレビ局が業務委託をしている制作会社の社員として働く」のであれば、大卒である必要はないケースが多いです。

とくに番組の制作会社では大卒の学歴よりも実践的なスキルを身につけている人材を欲していることが多く、専門学校の卒業生を積極的に採用していることがあります。

具体的にいうと、映像編集や撮影技術、音響機材の扱い方などを身につけていると、番組制作会社の編集職や技術職で採用されやすくなります。