テレビ局の営業の仕事

テレビ局の収入を支える営業

テレビ局社員の職種のひとつとして「営業」があります。

メーカーの場合は自社で製造した商品を売るのが営業職の仕事ですが、テレビ局の場合は番組の合間に流すテレビコマーシャル、いわゆるCMを放送する権利を売るのが仕事となります。

こうした権利を購入する企業のことをスポンサーと呼んでいます。

民放のテレビ局ではCMの売り上げこそが企業を存続させるための重要な収入です。

このお金で番組制作をしたり社員に給料を支払ったりしているのですから、テレビ局の営業の仕事はテレビ局の土台を支えているのです。

視聴率や放送日時がカギに

テレビ局の営業がスポンサーにCMの提案をする際には、広告代理店を通すのが一般的です。

CMの料金を決める際に重要なカギとなるのは、テレビの視聴率。

スポンサーにとっては、どれくらいの人数の視聴者が番組を見ているのかどうかが最大の関心事といえるでしょう。

また、放送の時間帯や番組内容によって視聴者の年齢層が変わるので、企業がターゲットとしている客層にCMを見てもらうためには、放送日時を決めたほうが効果的です。

テレビ局の営業は、こうしたさまざまな要件を考慮しながらスポンサーに放送の日時やCMを流す秒数、料金などを提案し、契約を勝ち取っていきます。

ライバルとなる他局も同じように提案をしてくるので、激しい競争のなかでいかにして自社に多くのCMを出してもらえるかが営業マンの腕の見せ所であり、やりがいを感じられるポイントとなるでしょう。

NHKの営業

民放だけではなく、NHKにも営業という部署があります。

NHKの場合は公共放送でCMがないので、スポンサーへの営業活動を行うわけではありません。

その代わりに、受信料を支払う義務がある個人や団体との交渉にあたったり、受信料の契約業務を担う地域スタッフのマネジメントを行ったりしています。