有名なテレビプロデューサー

テレビに出るプロデューサー

現在、テレビ業界で活躍しているテレビプロデューサーにはどんな方々がいるのでしょうか。ここでは、有名なプロデューサーを紹介します。

まずは、日本テレビでバラエティ番組の演出・プロデュースを担当している名物プロデューサー菅賢治さん。バラエティ番組にも何度も登場されているので、ご覧になった方も多いと思います。

出演者とともに人気が増す番組

菅さんが担当された番組には、明石家さんまさん・マツコデラックスさんなど、人気タレントを起用し、高視聴率をたたき出す番組がたくさんあります。

また、ダウンタウンさんが全国区の芸能人になるきっかけを作ったのも菅さんです。「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで」という番組で、上京したダウンタウンさんを起用し、出演者・番組ともに人気を獲得していきました。

菅さんのように、プロデューサーには魅力溢れる出演者をキャスティングする能力と、出演者の魅力が引き出る番組制作力が必要と言えるでしょう。

ブーム・社会現象を作る名プロデューサー

人気番組を制作すると、その番組は世の中のブームとなり、場合によっては社会現象になることもあります。

横澤彪さんは、かつてフジテレビで放送されていた「オレたちひょうきん族」という人気バラエティ番組を制作したテレビプロデューサーです。

ビートたけしさん・明石家さんまさんなど、当時の人気芸人をキャスティングし、裏番組だった人気番組「8時だョ!全員集合」に負けない視聴率をたたき出しました。

同時に、「笑っていいとも!」で当時深夜番組のイメージがあったタモリさんをお昼の顔にし、「タモリ・たけし・さんま、お笑いBIG3」というバラエティ史に残るブームを作り出しました。

歴史に残る仕事

横澤さんのように、名プロデューサーはテレビ史に自らの名前を残すことができるのです。それは、バラエティであれ、ドラマであれ、ドキュメンタリーであれ、そのジャンルを問わず、日本の文化を作っていると言っても過言ではありません。

テレビ画面には出ることのないプロデューサーという仕事は、文字通り縁の下の力持ちです。しかしながら、日本の文化芸能史や人々の記憶に残る仕事ができるのです。