テレビプロデューサーのやりがい

クリエイターとしてのやりがい

日常的に激務のテレビプロデューサーにはどのようなやりがいがあるのでしょうか?

プロデューサーは、番組制作における金銭面の管理をするとともに、番組の新企画や内容についても考えます。つまり、「どんな芸能人を起用し、どのような番組を作りたいか?」という思いがあると、自分が思う番組が作れるのです。

プロデューサーもものづくりをする仕事です。自分が頭で描いたことをディレクターやAD、放送作家や他のスタッフとともにひとつの形に仕上げることは、クリエイターとしてのやりがいを非常に感じることなのです。

憧れの人と共に仕事ができる

みなさんには憧れの芸能人や文化人がいらっしゃるでしょうか?プロデューサーに代表されるテレビマンは、そんな自分が憧れた有名人と一緒に仕事ができます。これもひとつのやりがいと言えるでしょう。

今、活躍している芸能人はほとんどが、類い稀なる才能を持っています。彼らの技術やオーラ、魅力を身近で感じる事ができるのです。

憧れの有名人が持ち合わせる魅力を最大限に生かし、テレビ番組を制作することは非常に難しく、プレッシャーも感じる事でしょう。

だからこそ、自らがキャスティングした芸能人がカメラの前で生き生きと仕事をし、それが番組で表現されたときの達成感は、何にも変えがたいのです。

視聴者からの反応

そして、プロデューサーの最大のやりがいは、視聴者から反響をいただいた時です。番組が放送された翌日には、視聴率が発表されます。

その視聴率が高かったり、視聴者からの感想のメッセージが届いた時、激務のなか番組を制作した甲斐があったと実感できるのです。

また、今ではTwitterやブログ、その他SNSサイトなどで、リアルタイムに視聴者の感想が目に届きます。制作した番組が誰かに見られているという達成感や、自らの企画で視聴者が盛り上がっているという喜びを感じられるのです。

もちろん、視聴者からの批判をいただくこともあります。そんなときは、「次は必ずもっと良い企画を放送する!」という強い意志を持つことでしょう。

つまり、賛否両論、どんな意見でも視聴者からの反応が届いた時、仕事に対する情熱が生まれるのです。