テレビプロデューサーの役割

制作費の管理

番組制作にあたり、制作統括を行うのがテレビプロデューサーの仕事です。

まずは、番組企画、番組の中身の決定をくだすという役割があります。ディレクターや放送作家と同様に、番組の企画を考える事もあるプロデューサーは、金銭面の管理もします。

つまり、企画内容が番組コンセプトから外れていないかのチェック・判断もしながら、予算内でその企画を制作することがプロデューサーには求められています。

良い番組を作ろうとすると、どうしても莫大なお金がかかります。そこを制作費の中でどうやりくりするかを考えるのもプロデューサーの役割と言えるでしょう。

出演者のケア

そして、番組出演者のブッキングやギャラ交渉もしなければなりません。芸能事務所とのつながりや、今までのコネクションを使いながら、誰を起用するかも決めてゆきます。

番組のスタジオ収録時などに、出演者の対応することもプロデューサーの仕事です。出演者が気持ちよく収録に臨めるように、さまざまな配慮をしなければなりません。そのため、収録スタジオに出向きます。

全体の統括

また、制作スタッフのスケジュール管理も役割のひとつです。通常、番組制作はひとりのプロデューサーの元、番組ごとにチームが組まれます。担当番組が効率よく制作できるように、チーム内の人員配置を考えなければなりません。

番組制作の現場ではスタッフが慢性的に足りません。少ないスタッフで番組を作るには、人員の無駄は死活問題となります。

このように番組制作の企画から放送までの過程がきちんと進行し、かつ、質のいい番組を作れるようスタッフに指示を出すのがプロデューサーの役割なのです。