テレビプロデューサーの仕事内容

番組制作の総責任者

テレビプロデューサーは、テレビ番組の最後に流れるクレジットでは「制作統括」とも書かれるように、番組制作の責任者であり、すべての決定権を持ちます。

番組を作るとき、まずテレビプロデューサーはディレクターなどと企画会議を行います。そこでプロデューサーは、その企画が「伝えたいことは何か」「時代の流れに合うか」「視聴者にウケるか」など、さまざまな角度から検討します。

完成した企画は、プロデューサーが上層部の人たちや編成部などの番組を管理する部署に提出し、そこで承認を得て初めて制作がスタートします。

プロデューサーの人脈が番組を決める

プロデューサーの仕事でとても重要なのが、お金の管理です。

民放の場合、番組にスポンサーがつくことで収入を得られます。それぞれの番組には決まった予算がありますので、プロデューサーは番組規模や構成に合わせて、お金の配分について事前に考えなければなりません。スポンサーに認められるような番組企画でなければ、番組を作ることもできないのです。

プロデューサーは、放送作家や演出家など、番組作りに重要な役割をもつ専門家たちとは直接打ち合わせをすることも多いです。

また、タレント事務所などへの出演交渉などもプロデューサーが行います。その場合、それまでのテレビ制作現場で培ってきた人脈が活かされることが多く、まさにプロデューサーの手腕が求められるところだと言えるでしょう。

いつでも全体を見ることが大切

制作現場でのリーダー的役割はディレクターが担いますが、プロデューサーは一歩離れたところから全体を常にチェックし、しばしばディレクターと軌道修正しながらイメージ通りの番組を作り上げていきます。

プロデューサーの仕事は必ずしも「ここからここまで」と決まっているものではありません。しかしその基本にあるのは、何十人、何百人もの人とコミュニケーションをとりながら、自分の番組に責任者を持って番組を作り上げていくということです。