テレビプロデューサーに向いている人、適性

お金の使い方が上手い人

テレビ番組の制作統括をおこなうテレビプロデューサーに向いている人とはどんな人なのでしょうか。ここでは、その素質を紹介していきます。

まず第一に、お金の使い方が上手い人は向いていると言えるでしょう。プロデューサーの仕事は、制作費のなかでおもしろい番組制作を実現させることです。

とはいえ、上質の番組を作るにはそれなりのお金が必要です。決められた制作費で、ディレクターや放送作家の希望通りの番組を作ることは簡単ではありません。

担当する複数の番組の制作費をやりくりすることで赤字を出さずに、番組制作をすることが求められます。やりくり上手な人はプロデューサーに向いていると言えるでしょう。

判断力がある人

また、担当ディレクターや放送作家は番組の質を上げるため、お金のかかるアイデアを次々と出しがちです。そんなアイデアを聞いた時は、「本当にお金をかける価値があるアイデアかどうか?」を見極める力が必要です。

制作費が減少している今、無駄なことにお金を使うことはできません。有効にお金を使うための判断力がある人は向いているでしょう。

決断力とチャレンジ精神がある人

そして、制作を統括する立場にいるプロデューサーには決断力も必要です。たとえば、知名度は低いが才能のあるタレントのキャスティング案が出た際、番組にそのタレントが出演し、番組が魅力的になるかどうかを考えなければなりません。

知名度が低いと、それだけで視聴者が離れる可能性があるからです。しかし、そのタレントの才能を信じ、演出プランもディレクター・放送作家と考えた上で、キャスティングを決定します。

このようなチャレンジ精神や決断力を持っている人は、おもしろい番組制作ができるプロデューサーになれるでしょう。

人々をまとめられる人

テレビプロデューサーは、番組制作におけるリーダーのようなものです。ロケ現場やスタジオ収録・編集をおこなうディレクターや、番組制作の雑務をおこなうアシスタントディレクターをまとめなくてはいけません。

ときには、同じチームのメンバーが番組の内容について悩むこともあるでしょう。そんな場合はアドバイスをして、導いていかなければなりません。

つまり、スタッフをまとめたり、人々を奮起させることが得意な人はプロデューサーに向いているでしょう。また、面倒見が良いことも求められます。人々を引っ張っていくのが好きな人にはその潜在能力があると言えます。