テレビプロデューサーの給料・年収

テレビ局のテレビプロデューサーの年収

よく、テレビプロデューサーの年収は非常に高いと言われますが、テレビ局と番組制作会社では大きな差があります。

テレビ局、特にキー局の場合は、30代でも1000万円以上の年収になることもまれではありません。40代以上では年収1500万円を超え、プロデューサーの一番上のランクであるエグゼクティブ・プロデューサーともなると、年収2000万円以上だと言われています。

また、地方局でも40代にもなれば、ほとんどの場合1000万円以上になることが多いようです。

番組制作会社のテレビプロデューサーの年収

番組制作会社の場合は、必ずしも高収入とは言えないこともあるようです。番組制作会社では年収500万円程度にとどまることも多く、人気のある番組を手がけたかどうかで、給料は随分と異なってくると言われています。

さらに、テレビ局よりも制作の予算が限られていたり過密スケジュールで制作を進めなければならなかったりと、労働環境も厳しいことが多いようです。番組制作会社で年収1000万円以上のプロデューサーを目指そうと思うと、相当難易度が高いと思われます。

プロデューサーになっても休めない

テレビ局のプロデューサーのような高い給料は一見とても魅力的に思えますが、ADやディレクター時代よりも仕事が楽になるかというと、そうでもありません。もちろんプロデューサーともなれば自分の仕事に合わせて働ける場合がほとんどですから、決まった勤務時間に縛られることはありません。

しかし、朝からタレント事務所へ挨拶回りや打ち合わせに出かけ、夜は部下が編集した映像の確認作業、そして土日はロケの立ち会い…といった生活が当たりまえのように続きます。プロデューサーでもプライベートな時間を優先させることは難しいですから、給料を重視する以上に仕事に情熱を傾けられる人でないと、続けていくのは厳しいでしょう。

少し大げさな言い方をすれば、テレビ制作現場に関わっている限り、「のんびりする」という感覚は一生持てないと考えていた方がいいのかもしれません。