テレビプロデューサー求人、採用募集状況

まずはADから

テレビプロデューサーの求人は、今どうなっているのでしょうか?

まず、高卒・専門学校卒・大学卒を対象としたプロデューサー採用はほとんどないと考えていいでしょう。というのも、まずAD、あるいは、アシスタントプロデューサーを経験してから、プロデューサーになるのが常道です。

番組制作の現場を経験するAD、あるいは、デスクワークが中心のプロデューサーの補佐をするAPから始まると考えていいでしょう。

現場か統括か

今、テレビ番組の制作に携わりたいと漠然と考えている人も多いと思います。そんな方は、まずADを経験することをおすすめします。

番組の演出・編集を行うディレクターの補佐をするADは、番組企画発案から放送までのすべての業務に携わります。

それを経験した後、自分は現場に出るディレクター志望なのか、制作統括するプロデューサー志望なのかを決めても遅くはありません。

現場を知ることが大切

これは会社の状況にもよりますが、入社しAD経験を積んだ後、ゆくゆくはプロデューサーになりたいと思ったならば、自ら志願し、制作のポジションを変えることもあり得ます。

数年間のAD経験を活かし、ディレクターではなく、AP(アシスタントプロデューサー)やプロデューサー職に転じる方々はたくさんいます。

制作会社では、業界経験者のAPやPを募集しているところもあるのです。入社後すぐにプロデューサーになることはできません。しかしながら、現場を知らずして、プロデューサーになることも不可能です。

高卒、専門学校卒、大卒の段階では、まず現場を知ることを念頭において就業したほうがいいでしょう。