テレビプロデューサーの勤務時間・休日

勤務時間はさまざま

日々、業務に追われて不規則な生活になりがちな放送業界ですが、テレビプロデューサーはどんな勤務体制なのでしょうか?

まず、勤務時間は日によってさまざまです。一般企業のように9時に出勤して17時に退社などということはほとんどありません。

早朝の生放送を担当していると、深夜3時頃にテレビ局に出勤し、生放送を追終えて、反省会。その後、企画会議や出演者のキャスティングを行い、一息つくのは夜、ということもあります。

効率的に仕事をこなす

また、プロデューサーは外部との連絡のやりとりもしなければなりません。芸能事務所や取材先など、一般企業への連絡は平日の日中に行います。さらに、新企画提案書を作るために図書館や資料館などに出向く外回りも当然あります。

つまり、やれるときにやれることはすべて済ませる必要があるのです。効率的に仕事をこなしていかないと、いつまでたっても帰宅することは不可能です。

一日中テレビ局にいることも

プロデューサーの大切な仕事のひとつに、番組出演タレントのケアがあります。収録のため、スタジオや局に入ったタレントが、気持ちよく収録に臨めるよう挨拶や礼をつくすわけです。

つまり、収録が終わるまではかならず現場にいなければなりません。最近のバラエティ番組は、大勢の出演者がいる都合上、深夜、あるいは明け方にまで収録がかかることがあります。

ですので、番組によって状況はさまざまですが、丸1日テレビ局や会社に缶詰になることもあるでしょう。

プロデューサーの休日

そんな忙しいプロデューサーは、休日に何をやっているのでしょうか。もちろん、リフレッシュをして仕事に備える人もいますし、資料読みやオンエアチェックのために休日が丸一日潰れてしまうことも多々あります。

また、番組でお世話になっているタレントとの交遊も休日にやらなければならないことでしょう。担当番組を複数持つプロデューサーであればあるほど、賢い時間の使い方が求められるのです。