テレビプロデューサーの活躍の場、就職先

プロデューサーの仕事

番組を作る上での責任者であるテレビプロデューサーには、大きく2つに分かれます。まずは、テレビ局に勤めるプロデューサーです。彼らは、局Pと呼ばれています。そして、もうひとつは制作会社に勤めるプロデューサーです。

番組には、テレビ局内のスタッフで作るものと、制作会社に委託して作るものがあります。後者の場合、制作会社の責任者がプロデューサーで、最終決定権を持つのが局Pです。

局Pも制作会社のプロデューサーも、金銭面の管理や番組企画・出演者の決定など主にデスクワークがメインの仕事と言えるでしょう。ちなみに、撮影現場や編集に出るのは、ディレクターやADの役割です。

案内人として活躍する

では、具体的に局Pやプロデューサーはどんな仕事をしているのでしょうか。番組内容を決める企画会議では、出席する放送作家やディレクターがさまざまな企画案を提案します。

たとえば、ゲストに大物タレントを起用する企画が出たとしても、制作費の都合上キャスティングができない場合は、その企画をボツにするのがプロデューサーの仕事です。

また、番組のコンセプトとズレた企画が出ると軌道修正をするのもプロデューサーの役割です。

つまり、番組制作における司令塔・案内人の役割を持ち、番組を正しい方向に導いていくことに、力を注ぐのです。

まずはADから

テレビ局や制作会社に就職し、ADやディレクター、AP(アシスタントプロデューサー)を経て、局P・プロデューサーになることができます。ちなみに、制作会社のプロデューサーには、アルバイトのAD出身という方もいらっしゃいます。

つまり、デスクワークがメインの仕事であるプロデューサーは、若い頃に現場を経験しているということです。ディレクターやAD時代の身体を酷使したさまざまな経験が、プロデューサーとしての活躍の幅を広げると言っても過言ではありません。