女性のテレビプロデューサー

男性と女性の違い

テレビの制作現場では女性も活躍しています。とはいえ、比率で言うと男性の方が圧倒的に多いと言っていいでしょう。しかし、男性も女性もプロデューサーならばまったく同じ仕事内容をこなさねばなりません。

春夏秋冬に訪れる番組改変期は、新番組や特番の準備で忙しさはいつもの比ではなくなります。この時期にも体調を崩さずに激務に臨むには、体力と忍耐力が必要です。

深夜帯の飲食も多いので、体調管理を怠っていると、体調不良に陥ってしまいます。体調不良に男性も女性も関係ないですが、やはり女性の場合はよりしっかりとした身体へのケアが必要です。

女性の魅力をいかした企画

圧倒的に男性が多いプロデューサーの世界ですが、だからこそ女性が求められています。女性ならではのアイデアや発想で、番組企画を作ることができるからです。

たとえば、おじさんのプロデューサーが、20~30代の女性向けのドラマを作るよりも、女性のプロデューサーが作る方が、女性視聴者の琴線に触れる作品を生み出せることもあります。

出産後の職場復帰

現在、活躍している女性プロデューサーで、結婚し出産後、職場復帰している方々もたくさんいます。それは、慢性的に制作の現場は人手不足ということも影響しています。

出産後子供が手から離れても、職場に復帰しにくい企業もありますが、テレビプロデューサーは復帰しやすいようです。

体調には気をつけて

このように女性も活躍しているのがプロデューサー業です。日々の激務と偏った食事で、体調を崩し職場復帰のメドがまったくたたないという優秀なプロデューサーもいます。

男性ディレクターや男性AD陣に的確な指示を出し、誰よりも情熱的に番組を制作するような敏腕女性プロデューサーであっても、日々の疲れがたまってしえば倒れてしまいます。

どれだけ才能があっても、身体を壊しては意味がありません。この仕事は身体が資本ですので、人一倍体調管理には気をつける必要があります。