テレビプロデューサーの1日

さまざまな管理

テレビプロデューサーは、基本的にデスクワークがメイン業務です。しかしながら何番組も担当するので、非常に多忙です。ここでは、プロデューサーがどのような1日を過ごすのかを例を挙げながら紹介します。

出社後は、担当番組の制作進行状況を把握します。「番組Aはロケ、Bは編集、Cはロケハン」というように、各番組のスケジュール管理を行うのもプロデューサーの仕事なのです。

「管理」という点で言うと、担当番組の人員、ディレクターやADの体調管理も仕事と言えるでしょう。同じチームの面々が、「どんな動きをしているのか?」「激務で倒れてはいないか?」など把握します。

企画書作り

そして、これ以降に紹介する仕事は、時を問わず常時プロデューサーが行っているものです。

まずは、新番組の企画書作りです。企画書を編成局やテレビ局に提案し、番組枠を獲得するのもプロデューサーの役割です。その他、レギュラー番組の企画の資料作りなども行います。

それに伴い、出演者のキャスティングやギャラ交渉の必要性も出てきます。このように、デスクワークと言えどやることは山のようにあるのです。昼食をとる暇もない日ももちろんあります。

デスクから離れる仕事

さらに、ディレクター・放送作家を交えての企画会議や、編集したVTRの試写、スタジオ収録など、デスクから離れる仕事もたくさんあります。

これらの場では、「当初の台本通り、あるいは、台本以上におもしろい番組が作られているか?」「番組の内容が倫理的におかしくないか?」「視聴者にきちんと伝わる内容か?」をチェックし、必要な場合は番組内容の改善をスタッフに求めます。

以上の業務に加え、24時間メールや電話に対応しなければなりません。取材先や収録中に問題が起こったら、責任者として処理をする必要があるためです。

あるテレビプロデューサーの1日

11:00 出社~担当番組チームのスケジュール把握
11:30 新番組企画書作り(出演者のブッキング・ギャラ交渉も含む)
12:00 レギュラー番組企画会議
14:00 VTR試写
18:00 スタジオ収録へ
22:00 帰宅後、担当番組チームのスケジュール管理
23:00 夕食を食べながら、オンエアチェック。資料番組視聴
26:00 就寝