テレビプロデューサーの本業以外の仕事

ディレクターの仕事

テレビプロデューサーは、まれにプロデューサーとしての本業以外の仕事を行います。たとえば、制作の一員であるディレクターの人数が足りないとき、プロデューサーが代わりにその業務にあたることがあります。

その際、番組ロケや編集の作業を行うので、パソコンでの編集技術などを習得していると良いでしょう。

プロデューサーの本業は、番組制作の統括です。制作の現場に四六時中いるわけではありません。しかしながら、例外的に編集など番組の演出面に直接かかわることも考えられます。

出る側になる

また、プロデューサーによっては、番組に出演することもあります。特に、バラエティ番組を担当しているプロデューサーで、良いキャラクターを持っている者ならば、番組企画として画面に登場することが多々あります。

これも本来のプロデューサーの仕事ではありません。しかしながら、出演者とともに番組内容を考えることが多いバラエティ番組の場合、このような企画がよく見られます。

縁の下で支える立場ではなく、人前にさらされる立場になるかもしれないという覚悟を持っておいた方が良いでしょう。

テレビ以外の仕事

そして、最近増えているテレビプロデューサーの仕事として挙げられるのは、番組コンテンツの制作などです。バラエティ番組のDVD化や、テレビ局を挙げてのイベント(お台場合衆国など)です。

厳密に言うと、コンテンツ部やイベント専門の部署が取り仕切る仕事ですが、もちろん番組担当プロデューサーもこの仕事に関わります。

また、ドラマプロデューサーの場合、ドラマの映画化やテレビ局製作の映画に携わることも多くなってきました。このようにテレビ以外の場所でもさまざまなものづくりを機会があるのです。