テレビプロデューサーになるための学校・学歴・学部

プロデューサーは元AD

テレビプロデューサーになるにはどのような学校に入るのが良いのでしょうか。プロデューサーは、番組の制作を統括するのがメインの仕事です。

しかしながら、たいていのプロデューサーは、AD・ディレクター、そして、アシスタントプロデューサーを経験し、プロデューサー職に就いています。つまり、ADやディレクターになるための学校や学歴と大差はないのです。

高学歴の学校

テレビ局に勤めるプロデューサー(通称、局P)になるには、有名国立大学や早慶などの難関大学を卒業しておくと“なりやすい”と言えるでしょう。難関大学を卒業していても、テレビ局に採用されるのはごくわずかです。

また、ひとつ記しておきたいことがあります。それは、高学歴ならば面白い番組が作れるということは絶対に言えないということです。

まずは、ADなど身体を酷使し、プライベートもなかなか作れない仕事からスタートします。どんな学校を卒業したとしても、「面白いテレビ番組を作ってやる!」という気概がなければ、就職できてもテレビ制作という仕事自体長続きしません。

映像専門の学校

また、映像制作を学べる大学や専門学校もあります。UTB映像アカデミーや日本大学芸術学部などです。

これらの学校では、ドラマや映画、バラエティ番組を実際に学生が制作する実習やシナリオ術・放送の歴史などを学べます。

学生時代から編集や演出に触れることで、基礎知識を身につけた状態で就職することができるでしょう。

プロデューサーへの近道

映像技術などを学べる大学や専門学校を卒業したり、または高学歴であったとしても、テレビ局や制作会社に就職したら、ゼロからのスタートと考えていいでしょう。

経験や知識、学歴が無駄になることは決してないですが、テレビマンとして働くと体力的にも精神的にも辛いことが多いです。それでもプロデューサーを目指しながら仕事を続けることが、プロデューサーになる一番の近道なのです。