テレビディレクターの仕事内容

番組制作現場の責任者

テレビディレクターは、番組の制作現場においての責任者です。

新しい番組を作ることが決まったら、まずは企画会議から始まります。そして、台本や出演者を決定し、番組の演出全体を考えてスタッフの指揮をとります。収録後の編集作業にも関わります。

番組作りのはじめから終わりまでの全てを指揮して、自分のイメージ通りに番組を作りあげていくのです。

ひとつの番組を作るのには、照明や音響、小道具、大道具、カメラマンなど、さまざまな専門分野のスタッフを必要とします。スタッフを集めたら自分の演出イメージに沿って、彼らに細かく指示を出しながら番組作りを進めていきます。

また、ドラマなどの場合は俳優への演技指導もディレクターが中心となって行います。

収録と生放送の違い

私たちが普段観ているテレビ番組には、あらかじめ収録し編集されたものと、生放送の2種類があります。たとえば、ドラマやドキュメンタリーは収録されたものがほとんど。逆に、ニュース番組やスポーツ中継はたいてい生放送です。

特に生放送の場合はやり直しがききませんので、事前に綿密な計画と打ち合わせを重ねなければなりません。

本番には独特の緊張感が漂い、ディレクターはまさに息をするのも忘れるほどの気持ちになるそうです。進んでいく本番を見守りながら、予定通りに動いているか、何か問題はないか、少しも目が離せません。

何かトラブルがあった際には、ディレクターがすぐに指示を出します。

番組の面白さはディレクターで決まる

いくら素晴らしい企画があったとしても、頭の中のイメージを形にできなければ、テレビの向こうの視聴者に面白さを伝えることはできません。
たとえば、照明の当たり具合やカメラアングルひとつで、視聴者に伝わる印象はまったく異なります。

「どうしたらもっと番組が面白くなるのか」、ディレクターは四六時中このことを考えているといいます。同じ企画でも、ディレクターによって番組の完成形はまったく異なるのです。

仕事体験談